manapedia
古文単語「こころやり/心遣り」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
743 views
こころやり/心遣り

ALT

名詞

意味

気晴らし、憂さ晴らし、慰み

[出典]忘れ貝 土佐日記
「『寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝降りて拾はむ』と言へれば、ある人のたへずして、船の心やりに詠める、」

[訳]:「(浜辺に)打ち寄せる波よ、どうか(恋しい人を忘れさせるという)忘れ貝を打ち寄せてほしい。そしたら(船から)降りて拾うから。」と詠んだので、居合わせる人がこらえることができずに、船旅の気晴らし(のため)に詠んだ(歌)。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。