manapedia
古文単語「おと/音」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
84 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おと/音

ALT

名詞

意味1

響き、音、物音

[出典]児のそら寝 宇治拾遺物語
「今一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、 ひしひしとただ食ひに食ふのしければ...」

[訳]:もう一度起こしてくれよと、思いながら寝て聞き耳をたてると、(僧たちが餅を)むしゃむしゃとただどんどん食べるがしたので...


意味2

鳥や動物の鳴き声、声

[出典]:鳥は 枕草子
「六月になりぬれば、もせずなりぬる...」

[訳]:六月になると、鳴き声もしなくなってしまうこと...


意味3

評判、噂

[出典]木曾最期 平家物語
「日頃はにも聞きつらん、今は目にも見給へ。」

[訳]:普段は(私のことを)でも聞いて知っているだろう、(そしてその私を)今は御覧あれ。


意味4

便り、音沙汰、訪れ

[出典]:竜の頸の玉 竹取物語
「年越ゆるまでもせず。」

[訳]:年が変わるまで音沙汰がない。


備考

「ね/音」と読むと異なる用法となるので注意。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。