manapedia
古文単語「きはめたる/極めたる」の意味・解説【連体詞】
著作名: 走るメロス
665 views
きはめたる/極めたる

ALT

連体詞

意味

非常な、このうえもない、はなはだしい

[出典]阿蘇の史 今昔物語
「この史は、極めたる物云ひにてなむありければ、かくも云ふなりけりとなむ語り伝へたるとや。」

[訳]:この史は、この上なく話の上手な人であったので、このように(盗賊に)言ったのであると語り伝えられているとのことだ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。