manapedia
古文単語「まさし/正し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
1,358 views
まさし/正し

ALT

形容詞・シク活用

未然形まさしくまさしから
連用形まさしくまさしかり
終止形まさし
連体形まさしきまさしかる
已然形まさしけれ
命令形まさしかれ


意味1

(予想したことが)
本当だ、正しい

[出典]:古今和歌集
「逢坂の関しまさしきものならば飽かず別るる君をとどめよ」

[訳]:逢坂の関が(名前の通り)、本当人を止める関である)ならば、名残惜しく別れて行くあの人を引き止めておくれ


意味2

確かだ、間違いない

[出典]名を聞くより 徒然草
「また、如何なる折ぞ、ただ今、人の言ふ事も、目に見ゆる物も、我が心の中に、かかる事のいつぞやありしかと覚えて、いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは、我ばかりかく思ふにや。」

[訳]:また、どのようなときであったか、今、人が言うことも、目に見える物も、自分の心の中で思っていることも、このようなことはいつだったかあった気がするなと思えて、(それが)いつとは思い出せないが、間違いなくあった気がするのは、私だけがこう思うのであろうか。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。