manapedia
古文単語「しかるべし/然るべし」の意味・解説【連語】
著作名: 走るメロス
964 views
しかるべし/然るべし

ALT

※ラ行変格活用の動詞「しかり」の連体形「しかる」と、推量・当然/適当の助動詞「べし」が一語になったもの。
連語

意味1

適当である、ふさわしい、当然である

[出典]公世の二位のせうとに 徒然草
「この名、しかるべからずとて、かの木を切られにけり。」

[訳]:(僧正は)この名前を、(自分に)ふさわしくないと、その木をお切りになってしまった。


意味2

立派である、優れている、申し分ない

[出典]:今昔物語
「しかる間、京より、しかるべき女、車に乗りて参る。」

[訳]:そうしている間に、都から、立派な(身分の)女が、車に乗って参拝にきた。


意味3

そうなる運命である、そのような因縁がある

[出典]:山門御幸 平家物語
「何事もしかるべき事と申しながら...」

[訳]:何ごともそうなる運命であると申しますが...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。