manapedia
高校古文『世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もといのる人の子のため』わかりやすい現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
340 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、古今和歌集、そして伊勢物語の84段『さらぬ別れ』に収録されている歌「世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もといのる人の子のため」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。

※古今和歌集には

世の中に さらぬ別れの なくもがな 千代もとなげく 人の子のため

として収録されています。

原文

世の中に さらぬ別れの なくもがな 千代もといのる 人の子のため

世の中に さらぬ別れの なくもがな 千代もとなげく 人の子のため

ひらがなでの読み方

よのなかに さらにわかれの なくもがな ちよもといのる ひとのこのため

よのなかに さらにわかれの なくもがな ちよもとなげく ひとのこのため

現代語訳

世の中には死の別れがなければよいのに。(親が)千年も(生きてほしい)と祈る子どものために

世の中に死別がなければよいのに。(親が)千年も(長生きするように)と請い願う子ども(私)のために

解説

古今和歌集の詞書と伊勢物語には次のように書かれています。
ある男(在原業平)の母が長岡に住んでいたときに、その男は京都で宮仕えをしていました。母親に会いに行こうとはするのですが、たびたび参上することはできずにいます。12月頃に母親が、急なことといってよこしてきた手紙に書いてあった歌が「老いぬればさらぬ別れのありといへばいよいよ見まくほしき君かな」ですが、この歌に対する返歌がこの歌です。


品詞分解

※名詞は省略してあります。

世の中
格助詞
さらラ行四段活用「さる」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
別れ
格助詞
なくク活用の形容詞「なし」の連用形
もがな願望を表す終助詞
千代
係助詞
格助詞
いのる/なげくラ行四段活用「いのる」の連体形/カ行四段活用「なげく」の連体形
格助詞
格助詞
ため


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。