manapedia
英語の代名詞 名詞の種類によって代名詞は変えよう
著作名: ほりぃ
9,661 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

名詞の種類によって代名詞は変えよう

名詞にも性別があります。難しく聞こえますが、生活の中の性別と同じように考えれば大丈夫です。

男性名詞

主に男性を表す名詞のことです。
例えば He(彼) や man(男性)、boy(少年)、male(雄)などがこれに該当します

女性名詞

主に女性を表す名詞のことです。
例えば she(彼女) や woman(女性)、girl(少女)、female(雌)などがこれに該当します。

人を指す名詞でどちらにも属さない名詞

人や職業を表すにもかかわらず、男性名詞と女性名詞のどちらにも属さない名詞があります。
driver(運転手)やflight attendant(客室乗務員)などの職業や、student(生徒)やteacher(先生)といった人を指すものなど様々です。
このような場合は、状況に応じてHe や Sheを使い分けるようにしましょう。
愛着のある動物に対しても同じです。

無生物の名詞

Sun(太陽)やSea(海)といった無生物のものに対しても、土地によってはHeやSheを使いわけることがあります。
英語では太陽や海は He で表します。また国の名前はSheで表されます。

初対面の人と話すときや、英語に慣れるまではitを使うことをお勧めします。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語