manapedia
英語の名詞の複数形(規則的なsのつけ方・不規則なsのつけ方)
著作名: ほりぃ
76,915 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

日本語と同じように英語にも名詞の単数形、複数形があります。
日本語ですと、「少年」が「少年たち」や「少年」になります。

日本語では、「たち」や「ら」のように、複数形にするためにはいくつかのバリエーションがあります。しかし、英語の場合はパターンが決められていますので、ルールさえしっかり抑えられれば、複数形を理解することは容易だと思います。ルールは5つありますので、1つずつみていきましょう。

ルールその1

名詞のあとに「s」をつける。
単数から複数形にしたいときは、なりふり構わず名詞の後に「s」をつけていきましょう。それだけで名詞は複数形になります。
「boy」→「boys」(少年)
「girl」→「girls」(少女)

このような感じです。
ここで『もともと最後が「s」で終わっている名詞にも「s」をもう1回つけなければいけないの?』と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。そこでルールその2が登場します。

ルールその2

最後が「s」で終わっている名詞には「es」をつける。
例をみてみましょう。
「class」→「classes」(クラス)
「glass」→「glasses」(メガネ)

このような場合です。いかがですか?例に出した「class」や「glass」を覚えておけば、いざというときにイメージがしやすいと思います。

ルールその3

最後が「s」じゃなくても「es」を付ける名詞がある。
例えば次のようなものです。
「dish」→「dishes」(お皿)
「watch」→「watches」(時計)
「box」→「boxes」(箱)

「es」をつけて複数形にするのは、ルール2とルール3でみてきた「s、sh、ch、x」で終わる名詞のみですので、しっかりとおさえるようにしてください。

ルールその4

「y」で終わる名詞は「yをiに変えてes」
このルール4をみて「??」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、心配ありません。基本さえおさえておけば応用は簡単です。これも例をみてみましょう。

「dictionary」→「dictionaries」(辞書)
「lady」→「ladies」(レディー)

いかがですか?「lady」なんかは、よく司会者が「ladies and gentlemen!!」と口にしていますので、覚えやすいかもしれませんね。

ルールその5

例外や数えられない名詞もある。
残念ながら、今までのルールに該当しない例外もあります。例えば

「man」→「men」(男性)
「child」→「children」(子供)
というように、複数形になると単語そのものが変わってしまうものがそうです。

また「water」「coffee」「tea」のように、数えられない名詞も存在します。

ルール5は応用編となりますので、まずはルール1~4を理解して、どの名詞に「s」や「es」をつければいいのかがわかるようにしてください。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語