manapedia
英語 同格のthatと関係代名詞のthatの見分け方
著作名: ほりぃ
43,469 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

thatには代名詞としての役割の他に、 同格表現に使われるもの、 関係代名詞として使われるものがあります。
ここでは同格のthat関係代名詞のthatについて比べてみましょう。

同格のthatと関係代名詞のthat

There is a story that he won the match.
彼が試合に勝ったという話があります。

that以降をみてみましょう。同格のthatを含む文章とは、A that Bという文章があったときにthatを挟んでA=Bである文章のことです。
この場合、「story」=「he won the match」ですね。
このようなときのthatは同格のthatであるといえます。

試しにthatを抜いて読んでみましょう。
There is a story (that) he won the match.

thatがなくても成り立つのが特徴です


There is a story that he wrote.
この場合はどうでしょう。「story」=「he wrote」でしょうか?
違いますね。he wrote は storyにかかって、彼が書いた話という意味をなしますよね。thatがwroteの目的語になっています。
つまり、このthatは同格のthatではなく目的格の関係代名詞であると言えます。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語