manapedia
古文単語「さすらふ/流離ふ」の意味・解説【ハ行四段活用/ハ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
1,283 views
さすらふ/流離ふ

ALT

「さすらふ」には、
①ハ行四段活用
②ハ行下二段活用
の用法があるが、意味はどちらも同じ。

①ハ行四段活用

未然形さすらは
連用形さすらひ
終止形さすらふ
連体形さすらふ
已然形さすらへ
命令形さすらへ


意味:自動詞

さまよい歩く、放浪する、漂白する

[出典]:総角 源氏物語
「心の外に、あるまじきさまにさすらふたぐひだにこそ多くはべるめれ。」

[訳]:思いどおりにならず、とんでもない姿で放浪する人々も多いようでございます。


②ハ行下二段活用

未然形さすらへ
連用形さすらへ
終止形さすらふ
連体形さすらふる
已然形さすらふれ
命令形さすらへよ


意味:自動詞

さまよい歩く、放浪する、漂白する

[出典]漂泊の思い・旅立ち 奥の細道
「予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへ...」

[訳]:私もいつの頃からか、ちぎれ雲が風に誘われて行くように、さまよい歩きたいという気持ちがおさまらずに、海辺をさまよい歩き...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。