manapedia
古文単語「しす/死す」の意味・解説【サ行変格活用】
著作名: 走るメロス
1,226 views
しす/死す

ALT

サ行変格活用

未然形しせ
連用形しし
終止形しす
連体形しする
已然形しすれ
命令形しせよ


意味:自動詞

死ぬ

[出典]漂泊の思ひ・旅立ち 松尾芭蕉
「船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。古人も多く旅に死せるあり。」

[訳]:船頭として船の上で生涯を過ごす人や、馬子として馬のくつわを引いて老いるのを待ち受ける人は、毎日が旅であって旅を住処としているのだ。昔の人も多くが旅をしながら亡くなっている。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。