manapedia
古文単語「うちしく/打ち敷く」の意味・解説【カ行四段活用】
著作名: 走るメロス
613 views
うちしく/打ち敷く

ALT

カ行四段活用

未然形うちしか
連用形うちしき
終止形うちしく
連体形うちしく
已然形うちしけ
命令形うちしけ


意味:他動詞

(敷物を)
敷く、広げる

[出典]平泉 奥の細道
「『国破れて山河あり、城春にして草青みたり』と、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落とし侍りぬ。」

[訳]:「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と(杜甫が詠んだ句を胸に、)笠を敷いて(腰をおろし)、時が移るまで涙を流したのであった。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。