manapedia
古文単語「はるばる/遥々」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
1,483 views
はるばる/遥々

ALT

副詞

意味

遥か遠く

[出典]姨捨 大和物語
「高き山のふもとに住みければ、その山にはるばると入りて、高き山の峰の、下り来べくもあらぬに、置きて逃げて来ぬ。」

[訳]:(彼らは)高い山のふもとに住んでいたので、その山の遥か遠くに入っていって、高い山の峰で、下りてくることができそうにない所に、(伯母を)老いて逃げてきました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。