manapedia
火成岩の種類
著作名: gg佐藤
11,849 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

火成岩の種類

火山の下には岩石が溶けたマグマが存在しています。このマグマが冷え固まったものを 火成岩と言います。
火成岩は、マグマが急速に冷え固まってできた火山岩と、マグマがゆっくりと冷え固まった 深成岩とに分類されます。
火山岩

地下の浅い部分や地表に噴出した辺りで発見されやすいです。
地下深部ですでにできていた大きい結晶( 斑晶)と、地表付近で急に冷やされたために、結晶に成り損なったガラス質や小さな結晶の集まり( 石基)からなる 斑状組織をしています。
主な火山岩

・流紋岩
ALT


・安山岩
ALT


・玄武岩
ALT


深成岩

ゆっくり冷えたために、同じような大きさの結晶が集まってできた 等粒状組織をしていま
主な深成岩

・花こう岩
ALT


・閃緑岩
ALT


・斑れい岩
ALT


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
26_197 火成岩の種類
10分前以内
>




地学