manapedia
古文単語「しかも/然も」の意味・解説【連語/接続詞】
著作名: 走るメロス
344 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

しかも/然も

ALT

「しかも」には、
①連語
②接続詞
としての用法がある。
連語

副詞「然」と係助詞「も」が一語になったもの。副詞とする考えもある。

意味1

そのように、そんなにも

[出典]世に従はん人は徒然草
「待つ人皆死あることを知りて、待つこと、しかも急ならざるに、覚えずして来る。」

[訳]:(死を)待つ人々は皆死があることを知っていますが、(死を)待つことは、そのように急ではないのに、思いがけずやってきます。


接続詞

意味2

そのように、そのうえ

[出典]ゆく河の流れ 方丈記
「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」

[訳]:流れ過ぎていく河の流れは途絶えることがなく、それでいて(そこを流れる水は)もとの水ではない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。