manapedia
古文単語「ひたぶるなり/一向なり/頓なり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
1,309 views
ひたぶるなり/一向なり/頓なり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形ひたぶるなら
連用形ひたぶるなりひたぶるに
終止形ひたぶるなり
連体形ひたぶるなる
已然形ひたぶるなれ
命令形ひたぶるなれ


意味1

一途である、ひたすらである

[出典]蓬莱の玉の枝 竹取物語
「親ののたまふことを、ひたぶるにいなび申さむことのいとほしさに、取りがたきものを。」

[訳]:親のおっしゃることを、ひたすらにお断り申し上げることが大変気の毒なので、手に入れるのが難しい物を、(リクエストしたのですが)。


意味2

強引だ、乱暴だ、向こう見ずだ

[出典]:玉鬘 源氏物語
「海賊のひたぶるならむよりも、かの恐ろしき人の追ひ来るにや。」

[訳]:海賊で向う見ず(な者)よりも、あの恐ろしい人が追って来るのではないかと思うと...


意味3

まったく〜ない、いっこうに〜ない、

※この用法の場合、下に打消の語を伴って用いられる。
[出典]:宇治拾遺物語
「鬢は失せにければ、ひたぶるになし。」

[訳]:髪の毛はなくなってしまったので、まったくない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。