manapedia
造岩鉱物
著作名: gg佐藤
8,075 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

鉱物

地殻やマントルは、主に鉱物とよばれる岩石からできています。
岩石を作っている鉱物のことを 造岩鉱物と呼び、かんらん石輝石角閃石黒雲母長石石英などが造岩鉱物の代表的なものです。
これらの造岩鉱物は、ケイ素酸素を主成分としていることから ケイ酸塩鉱物と呼ばれることもあります。

かんらん石、輝石、角閃石、黒雲母は有色であることから 有色鉱物、一方で無色に近い長石、石英のことを 無色鉱物と識別しています。後に述べますが、有色鉱物には鉄やマグネシウムを多く含まれています。
黒雲母
ALT


石英
ALT


苦鉄質鉱物とケイ長質鉱物

かんらん石、輝石、角閃石、黒雲母は鉄とマグネシウムを多く含んていることから 苦鉄質鉱物と呼ばれます。鉄やにがりの基になっているマグネシウムは苦味があるためにこのような名前なのでしょうね。
一方で、長石や石英はケイ酸塩鉱物の中でも特にケイ素を多く含むのでケイ長質鉱物と呼ばれています。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
26_197 造岩鉱物
10分前以内
>




地学