manapedia
天動説から地動説へ
著作名: gg佐藤
23,873 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

天動説から地動説へ

天体の見方のひとつに、天動説と地動説というものがあります。
天動説とは、 地球の周りの天体が地球を中心として回っているという考え方。そして地動説とは、地球が宇宙の中心ではなく、 地球はあくまでも衛星のひとつで太陽の周りをぐるぐる回っているとする節です。

現在では言わずもがな地動説が定説とされているわけですが、400年ほど前までは天動説が当たり前として支持されていました。いったいどのようにして天動説から地動説へと移り変わっていったのでしょうか。
プトレマイオス

ALT

そもそも天動説とは、古代ギリシャの プトレマイオスが打ち出した理論で、カトリック教会から支持をされていた考えでした。つまり、この天動説を支持しない学者は教団から弾圧され、最悪の場合死刑にもされてしまっていたのです。
そもそも地球が丸いですとか、重力という概念がまだない時代です。太陽は東から上り西に沈む、地面が動いているなど全く感じない毎日。天動説が支持されたのもあたりまえです。
コペルニクスの登場

ALT

そこに表れたのが、カトリック教の司祭だった コペルニクスです。彼は天動説では説明のつかなかった矛盾の多くが、地動説であれば説明がつくと主張します。しかし、当時には望遠鏡もなく、人々を納得させる証拠を提示することができずにいました。
ガリレオ

ALT

17世紀に入り望遠鏡が発明されたあと、この地動説を支持したのが ガリレオ=ガリレイです。木星には4つの衛星が存在していること、そして金星の満ち欠けと大きさが変化していることなど、天動説では説明ができない現象を発見していきました。
しかし、当時の主流はやはり天動説。やりすぎてしまったガリレオは宗教裁判にかけられ、判決を持つ間に病死してしまいました。

ちなみにこの年に、万有引力、そして地動説を決定づける慣性の法則を定義付けた アイザック=ニュートンが生まれています。
宗教裁判の後

ガリレオの弾圧の後、 ヨハネス=ケプラーが登場します。
彼は自身の観測記録から、衛星の絵描く起動は楕円であることを発見、そしてルドルフ表と呼ばれる天体表を出版しました。天動説では説明がつかない矛盾があるということが世論の中で広まり始めたのです。

そして最後に登場するのが アイザック=ニュートンです。彼は万有引力と慣性の法則を組み合わせることで、地球が動いていてもその星に生活している人たちには影響がないことを決定づけます。

これにより、天動説の矛盾を破った地動説が新し理論として支持されていくことになるのです。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






地学