manapedia
古文単語「ひとところ/一所」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
793 views
ひとところ/一所

ALT

名詞

意味1

おひとり、おひとかた
[出典]:蓬莱の玉の枝 竹取物語
「ただひとところ、深き山へ入り給ひぬ。」

[訳]:ただお一人で、深い山へお入りになってしまいました。


意味2

ひとつの場所、同じ場所

[出典]木曾最期 平家物語
「義仲、都にていかにもなるべかりつるが、これまで逃れ来るは、汝と一所で死なんと思ふためなり。所々で討たれんよりも、一所でこそ討死をもせめ。」

[訳]:義仲は、都でどのようにでもなるつもりであったが、ここまで逃げてきたのは、お前と同じ場所で死のうと思ったからだ。あちらこちらで討たれるよりも、同じ場所で討ち死にをしようではないか。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。