manapedia
高校古文『君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞふる』わかりやすい現代語訳と品詞分解
著作名: 走るメロス
6,913 views
はじめに

このテキストでは、伊勢物語の23段『筒井筒』そして『新古今和歌集』に収録されている歌「君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞ経る」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。

原文

君来むと 言ひし夜ごとに 過ぎぬれば 頼まぬものの 恋ひつつぞふる

ひらがなでの読み方

きみこむと いひしよごとに すぎぬれば たのまぬものの こひつつぞふる

現代語訳(口語訳)

あなたが来ようと言った夜ごとに、(むなしく時間が)過ぎてしまったので、(もう)あてにはしていませんが、(やはりあなたを)慕いながら過ごしています。

解説

伊勢物語には次のように記述があります。

本妻がいる男が、高安に新しく作った女のもとにたまに来てみると、女は、付き合い初めのうちは奥ゆかしく振る舞っていたのだが、次第に自らお茶碗にお米をよそうようになり(当時は侍女の仕事とされた)、男の心は離れていった。男が通ってこなくなったので、女が、男の住む大和の方を眺めて歌を詠んだところ、ようやく男が「行こう」と返事をよこした。しかし、「行く行く」と言って一向にやってこない男に対して女が詠んだ歌。

技法

係り結び

「恋ひつつぞふる」の「ぞ〜ふる」が係り結びとなっています。

品詞分解

※名詞は省略してあります。

代名詞
カ行変格活用「く」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
言ひハ行四段活用「いふ」の連用形
過去の助動詞「き」の連体形
夜ごと「ごと」は接尾語
格助詞
過ぎガ行上二段活用「すぐ」の連用形
ぬれ完了の助動詞「ぬ」の已然形
接続助詞
頼まマ行四段活用「たのむ」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
ものの接続助詞
恋ひハ行上二段活用「こふ」の連用形
つつ接続助詞
係助詞
経るハ行下二段 活用「ふ」の連体形


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。