manapedia
地球の内部のしくみ
著作名: gg佐藤
10,554 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

地球の内部のしくみ

我々は地球の表面(地表)と大気の間でしか生活をしていないわけですが、地球の内部はいったいどのようになっているのでしょうか。
地球の内部は、地表側から「 地殻」、「 マントル」、「」と続いています。それぞれみていきましょう。
ALT

地殻

地表の下は、5~50kmにわたって、岩石の層でできています。5~50kmとバラつぎがあるのは、大陸の下には分厚い層があるのに対し、海の下には5~10kmと比較的薄い層になっているためです。
マントル

地殻の下に存在しているのが、 マントルと呼ばれる層です。
地表の下、約3000kmあたりまで存在していると考えられています。マントルは、かんらん岩を主としている 上部マントルと、より安定した結晶構造をもつ鉱物で構成される 下部マントルとに分けられます。

地球の中心に位置するのがです(コアとも呼ばれる)。地表がまだマグマで覆われていた頃、マグマよりも密度の高い金属が深部に沈み固まったために、核の主成分は鉄でできていると考えられています。核は、個体である外殻と、液体である内核とにわけられます。 

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






地学