manapedia
古文単語「さりけれど/然りけれど」の意味・解説【接続詞】
著作名: 走るメロス
909 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

さりけれど/然りけれど

ALT

接続詞

※ラ行変格活用「さり」の連用形、過去の助動詞「けり」の已然形「けれ」、そして接続助詞「ど」が一語になったもの。
意味

しかしながら、そうではあったけれど

[出典]筒井筒 伊勢物語
「河内の国高安の郡に、行き通ふ所いできにけり。さりけれど、このもとの女、悪しと思へる気色もなくて、いだしやりければ...」

[訳]:河内の国の高安の郡に、通って行くところ(新しい女)ができたのでした。しかしながら、このもとからの女は(この男の行動を)不快に思う様子もなく、(男を新しい女のもとへと)送り出してやったので...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。