manapedia
古文単語「しほじり/塩尻」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
1,227 views
しほじり/塩尻

ALT

名詞

意味

塩田で円錐形に砂を積み上げたもの
※これに海水をかけて乾燥させることで塩分を固着させる。

[出典]東下り 伊勢物語
「その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらんほどして、なりは塩尻のやうになんありける。」

[訳]:その山は、ここ(都)で例えるならば、比叡山を20ぐらいに重ね上げたであろうほど(の高さ)で、形は塩尻のようでした。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。