manapedia
古文単語「くふ/食ふ/喰ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,610 views
くふ/食ふ/喰ふ

ALT

「くふ」には
①食ふ/喰ふ
②構ふ
などの用法があるが、ここでは「①食ふ/喰ふ」を扱う。

ハ行四段活用

未然形くは
連用形くひ
終止形くふ
連体形くふ
已然形くへ
命令形くへ


意味1:他動詞

くわえる、口で支える、噛む

[出典]:胡蝶 源氏物語
「水鳥どもの、つがひを離れず遊びつつ、細き枝どもをくひて飛びちがふ。」

[訳]:水鳥たちが、つがいで離れずに遊びながら、細い枝々をくわえて飛びかう。


意味2:他動詞

食べる、飲む、飲食する、生活する

[出典]東下り 伊勢物語
「その沢のほとりの木の陰に下り居て、餉食ひけり。」

[訳]:その沢のほとりの木の陰に(馬から)下りて座り、乾飯を食べました。


意味3:他動詞

だまされる、いっぱいくう、信じる

[出典]:好色一代男 井原西鶴
「古き事ながら、この手だて一度づつはくふことなり。」

[訳]:古い手段だが、このやり方に(誰でも)一度ずつはだまされるものである。


備考

似たような言葉に「はむ/食む」と「くらふ/食らふ」がある。上代で「はむ/食む」は「飲食する」を意味し、中古では動物の動作に限られるようになった。また「くらふ/食らふ」は「くふ/食ふ」よりも乱暴で下品な食べ方を連想させる言葉である。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。