manapedia
古文単語「さわぎ/騒ぎ」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
2,048 views
さわぎ/騒ぎ

ALT

※上代では「さわき」とも。
名詞

意味1

騒ぐこと、やかましいこと

[出典]芥川 伊勢物語
「『あなや。』と言ひけれど、神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。」

[訳]:「あれえ。」と(女性は)言ったのですが、雷の鳴るやかましさで、(男はこれを)とても聞き取ることができませんでした。


意味2

あわただしいこと、とりこみ

[出典]:俊蔭 宇津保物語
「親たちの亡くなりにけるさわぎに...」

[訳]:親たちが亡くなってしまったとりこみに...


意味3

騒動、戦乱

[出典]:大和物語
「純友が騒ぎの時...」

[訳]:純友の戦乱の時...

※純友の戦乱=藤原純友の乱


意味4

遊興、酒宴などでにぎやかに遊ぶこと

[出典]:冥土の飛脚 近松門左衛門
「何時なりとも、騒ぎの節、きっと参上申すべく候。」

[訳]:いつでも、遊興のおりは、必ず参上申し上げるつもりです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。