manapedia
古文単語「ならひ/習ひ」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
1,621 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ならひ/習ひ

ALT

名詞

意味1

習慣、慣例、くせ

[出典]花は盛りに 徒然草
「花の散り、月の傾くを慕ふならひはさることなれど、ことにかたくななる人ぞ、『この枝かの枝、散りにけり。今は見どころなし。』などは言ふめる。」

[訳]:花が散り、月が(西に)沈みかけるのを(惜しみ)慕う習慣はもっともなことではあるが、とりわけものの趣を理解しない人は、「この枝も、あの枝も、散ってしまって、今は見る価値ががない。」などと言うようだ。


意味2

世の常、世の定め、風習

[出典]ゆく川の流れ 方丈記
「朝に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水のあわにぞ似たりける。」

[訳]:朝に(人が)死に、夕方に(人が)生まれるという世の定めは、ちょうど水の泡に似ていることよ。


意味3

由緒、古くからの言い伝え

[出典]丹波に出雲といふ所あり 徒然草
「この御社の獅子の立てられ様、定めて習ひある事に侍らん。ちと承らばや。」

[訳]:この神社の獅子の立てられ方は、きっと由緒があることでございましょう。ちょっとお聞きしたいものです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。