manapedia
古文単語「わかし/若し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
2,225 views
わかし/若し

ALT

形容詞・ク活用

未然形わかくわかから
連用形わかくわかかり
終止形わかし
連体形わかきわかかる
已然形わかけれ
命令形わかかれ


意味1

幼い、若年である

[出典]姨捨 大和物語
「信濃の国に更級といふ所に、男住みけり。若き時に親死にければ、をばなむ親のごとくに、若くより添ひてあるに...」

[訳]:信濃の国の更級という所に、男が住んでいました。(男が)幼いときに親が死んでしまったので、伯母が親のようにして、(彼の)幼いときから付き添っていましたが...


意味2

あどけない、子どもっぽい、未熟だ

[出典]:夕顔 源氏物語
「物をいとおそろしと思ひたるさま、若う心苦し。」

[訳]:何かをとても恐いと思われている様子が、子どもっぽくいじらしい。

※「若う」は連用形「若く」のウ音便。


意味3

若々しい、みずみずしい、生気に満ち溢れている

[出典]検非違使忠明のこと 宇治拾遺物語
「これも今は昔、忠明といふ検非違使ありけり。それが若かりける時、清水の橋のもとにて京童部どもといさかひをしけり。」

[訳]:今となっては昔の話ですが、忠明という検非違使(けびいし)がいました。それ(忠明)が若かった頃、清水寺の橋のたもとで京都童たちとけんかをしました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。