manapedia
古文単語「ぬ/寝/寐」の意味・解説【ナ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
5,526 views
ぬ/寝/寐

ALT

ナ行下二段活用

未然形
連用形
終止形
連体形ぬる
已然形ぬれ
命令形ねよ


意味1:自動詞

横になる、眠る

[出典]古今和歌集
「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」

[訳]:思いながら眠りについたので、(あの人が)夢に現れたのだろうか。もし夢とわかっていたなら(夢から)覚めなかったろうに。


意味2:自動詞

男女が共に寝る

「ぬ・ねぶる・ふす」の違い

「ぬ」と似たような言葉で「ねぶる/眠る/睡る」と「ふす/伏す/臥す」がある。「ぬ」が「寝床で眠る」のに対し「ねぶる」は、「睡眠をとる」ことを意味し、寝床ではないところで座ったまま眠ることなどを指す。一方で「ふす」は、「体を横にする」ことを意味し、必ずしも横になって眠ることを指すわけではない

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。