manapedia
whileとduringの意味・使い方・違い
著作名: ほりぃ
82,390 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

He was sleeping while the movie is showing. 彼は上映中寝ていた。

「~の間に」を表す言葉で「while」 がありますが、これと全く同じ意味を持つ単語に「during」があります。

しかし、この2つの単語は同じ意味であって使い方は全く違います。
その使い分けについてご説明しましょう。

whileとduringの使い方

一番の違いは、文法的に言うなれば、whileは接続詞なのに対して、duringは前置詞ということです。
ですので、whileの後にはwhile+主語+動詞と続くのが、duringの後だとduring+名詞となります。

例えば、
○ I studied economics while I was in U.S.Aは、
☓ I studied economics during I was in U.S.Aとはなりません。

また逆に、
○ I studied economics during my stay in U.S.Aは、
☓ I studied economics while my stay in U.S.Aともできません。

during と while は意味上同じですがその使い方には注意をしてください。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語