manapedia
古文単語「さだむ/定む」の意味・解説【マ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
33 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

さだむ/定む

ALT

マ行下二段活用

未然形さだめ
連用形さだめ
終止形さだむ
連体形さだむる
已然形さだむれ
命令形さだめよ


意味1:他動詞

決める、決定する

[出典]ある人、弓射ることを習ふに 徒然草
「毎度、ただ、得矢なく、この一矢に定むべしと思へ。」

[訳]:(矢を射る)毎回、ただ、当たる当たらない(と考える)のではなく、この一本の矢で決めよう(射抜こう)と思いなさい。


意味2:他動詞

議論する、相談する、評議する

[出典]:渚の院 土佐日記
「ここに相応寺のほとりに、しばし船をとどめて、とかく定むることあり。」

[訳]:そこで相応寺のそばに、しばらく船を止めて、あれこれ相談することがある。


意味3:他動詞

治める、平定する、鎮める

[出典]:万葉集
「天の下治めたまひ、食す国を定めたまふと...」

[訳]:天下をお治めになり、ご統治される(この)国を平定なさろうと...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。