manapedia
古文単語「はづ/恥づ/羞づ」の意味・解説【ダ行上二段活用】
著作名: 走るメロス
215 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はづ/恥づ/羞づ

ALT

ダ行上二段活用

未然形はぢ
連用形はぢ
終止形はづ
連体形はづる
已然形はづれ
命令形はぢよ


意味1:自動詞

恥ずかしく思う

[出典]:祇王 平家物語
「此世はかりの宿。恥ぢても恥ぢでも何ならず。」

[訳]:この世は仮の宿(のようなもの)である。恥ずかしい思いをしても恥ずかしい思いをしなくても何ということはない。


意味2:自動詞

遠慮する、人目をはばかる

[出典]馬のはなむけ・門出 土佐日記
「守柄にやあらむ、国人の心の常として、『今は。』とて見えざなるを心ある者は恥ぢずになむ来ける。」

[訳]:国司としての人柄であろうか、(この)国の人の心情としては、「今は(別れのときだからもう顔はあわせない。)」とやって来ないようだが、思いやりのある者は遠慮せずに(見送りに)やって来てくれる。


意味3:自動詞

ひけをとる、劣る

※この用法の場合、多くが、下に打消の語句を伴う。
[出典]:何事も辺土は 徒然草
「何事も辺土は賤しく、かたくななれども、天王寺の舞楽のみ、都に恥ぢず。」

[訳]:何事につけても片田舎は品性が劣っており、偏屈ではあるけれど、天王寺の舞楽だけは、都にひけをとらない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。