manapedia
古文単語「たたはし」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
220 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

たたはし

ALT

形容詞・ク活用

未然形たたはしくたたはしから
連用形たたはしくたたはしかり
終止形たたはし
連体形たたはしきたたはしかる
已然形たたはしけれ
命令形たたはしかれ


意味1

満ち足りている、完全無欠である

[出典]:万葉集
「いつしかも日足らしまして望月のたたはしけむと我が思ふ皇子の命は...」

[訳]:いつになったら成長なされて満月のように満ち足りるのでしょうと私が思っている皇子は...

※「たたはしけ」は上代の未然形。


意味2

おごそかだ、威厳がある、立派だ

[出典]馬のはなむけ・門出 土佐日記
「二十三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらざなり。これぞ、たたはしきやうにて馬のはなむけしたる。」

[訳]:23日。八木のやすのりという者がいる。この人は、国司の役所で必ずしも召し使っている者でもないようだ。この者が、厳かな様子で馬のはなむけをしてくれた。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。