manapedia
英語 on,over,aboveの意味・違いと使い分け方
著作名: ほりぃ
33,628 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、「~の上」を意味する
onoveraboveの違いについて説明しましょう。

There is a pen on the table.

の上にボールペンがあります。というように、~の上にを表すのが on です。
この on は、机とボールペンがくっついている、机とボールペンの間に空間がなく隣接しているという意味での「~の上に」です。

There is a bridge over the river.

の上に橋があります。のように、overも「~の上に」を意味します。on との決定的な違いは、overは、真上にというニュアンスを持っているということです。
オズの魔法使いというミュージカルの曲に「somewhere over the rainbow」という有名な曲がありますが、ここでは意訳されて「虹のどこか向こう側」と訳されていますね。

The plane flies above the head.

飛行機が頭の上はるか上空を飛んでいます。のように above には、上は上でも「ずーっと上、はるか上」を意味します。over のように真上という意味はありません。

上は上でも、言葉によって全然伝わり方が違いますね!

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語