manapedia
古文単語「すべて/総て/凡て」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
1,034 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

すべて/総て/凡て

ALT

バ行下二段活用の動詞「すぶ」の連用形に、接続助詞「て」がついてできた言葉。
副詞

意味1

全部あわせて、全部で、まとめて

[出典]:古今和歌集
すべて千歌二十巻、名付けて『古今和歌集』といふ。」

[訳]全部あわせて歌千首二十巻、名付けて「古今和歌集」という。


意味2

総じて、およそ、一般に

[出典]花は盛りに 徒然草
すべて、月・花をば、さのみ目にて見るものかは。」

[訳]総じて、月や花を、そのように目だけで見るものであろうか、いや違う。


意味3

(すべて〜打消の形で)
まったく〜ない、決して〜ない

[出典]足柄山 更級日記
「人々あはれがるに、声すべて似るものなく、空に澄みのぼりてめでたく歌を歌ふ。」

[訳]:皆感心をしているが、声はまったく比べようがなく、空に昇るかのように冴え響いて見事に歌を歌う。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。