manapedia
古文単語「くもゐ/雲居/雲井」の意味・解説【名詞】
著作名: 走るメロス
364 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

くもゐ/雲居/雲井

ALT

名詞

意味1

空、雲のある所

[出典]:鳥は 枕草子
「鶴は、いとこちたきさまなれど、鳴く声雲居まで聞ゆる、いとめでたし。」

[訳]:鶴は、大変大げさな様子ではあるが、鳴く声がまで聞こえるのは、とても素晴らしい。


意味2



意味3

遠く離れた所

[出典]花は盛りに 徒然草
「逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りをかこち、長き夜をひとり明かし、遠き雲居を思ひやり...」

[訳]:逢わずに終わった(恋の)辛さを思い、はかない逢瀬を嘆き、長い夜を一人で明かして、遠く離れた所(にいる恋人のこと)をはるかに思い...


意味4

皇居、宮中

[出典]:城南之離宮 平家物語
「かからむ世には、雲居に跡をとどめても何かはし候ふべき。」

[訳]:このような世の中では、宮中にとどまっていても何をすることができましょうか、いや、何もできません。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。