manapedia
古文単語「はやく/早く」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
690 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はやく/早く

ALT

形容詞「はやし」の連用形が副詞に変化したのが成り立ち。「はやう」(ウ音便)の形で用いられることも多い。
副詞

意味1

以前、ずっと前

※この用法の場合、「はやく〜過去」の形で用いる。
[出典]:古今和歌集
はやく住みける所にて、ほととぎすの鳴きけるを聞きて詠める」

[訳]以前住んでいた所で、ほととぎすが鳴いたのを聞いて詠んだ(歌)。


意味2

すでに、とっくに、もはや

※この用法の場合、「はやく〜完了+過去」の形で用いる。
[出典]花は盛りに 徒然草
「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ。」

[訳]:花見に参ったのだけれど、とっくに散り果ててしまっていたので。


意味3

もともと、元来

※この用法の場合、「はやく〜断定・推定」の形で用いる。
[出典]:応長のころ 徒然草
はやく跡なきことにはあらざめりとて...」

[訳]:(鬼がいるという噂は)もともと根拠のないことではないようだと...


意味4

なんと、実は、驚いたことに

※この用法の場合、「はやく〜(なり)けり」の形で用いる。
[出典]:ねたきもの 枕草子
「とみの物縫ふに、『かしこう縫ひつ』と思ふに、針を引き抜きつれば、はやく尻を結ばざりけり。」

[訳]:急ぎの物を縫うのに、「うまく縫った」と思うのに、針を引き抜いたところ、なんと(糸の)端を結ばないでいたことよ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。