manapedia
英語 whynotの意味と使い方
著作名: ほりぃ
19,706 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

why notの使い方

疑問詞を使った口語表現で Why not?というものがあります。
発音の仕方で意味が異なってきますので、今回はそれについて説明します。

語尾を上げる

why notの語尾を上げて口にします。

例えばこのような場合につかいます。

A:Why don't we go to Karaoke after school?
B:Why not?

もういっちょ。
A:Let's have a break.
B:Why not?


この2つの文をみて、why not の意味がわかりましたか?
ここでは「もちろん!」という意味でwhy not が使われていますね。

Why(なんで) not(Noなの)?→Yesに決まってるじゃん!


語尾を上げて発音することで、「もちろん!」「 いいともー!」という意味になります。

語尾をさげる

一方で、語尾を下げて口にするとどうなるのでしょうか。

A:I don't want to go to a movie.
B:Why not?

A:I disagree with you.
B:Why not?


この2つの文章で Why not? は「なんで?」という意味で使われています。

Why(なんで) not(Noなの)→なんでダメなの?・なんで嫌なの?


語尾を下げて発音することで、「なんでダメなの?」という意味になります。

ネイティブの人たちがよく使う口語表現です。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語