manapedia
百人一首『大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立』現代語訳と解説(掛詞/品詞分解など)
著作名: 走るメロス
7,600 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はじめに

このテキストでは、百人一首に詠まれている「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」の現代語訳・口語訳とその解説、品詞分解を行っています。作者は和泉式部の娘の小式部内侍です。この歌は、十訓抄や古今著聞集にも見えます。

また金葉和歌集には、「大江山いく野の道の遠ければふみもまだ見ず天橋立」と収録されています。

原文

大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立

現代語訳・口語訳

大江山を越えて、生野へとたどっていく道が遠いので、私はまだ天の橋立を踏んでみたこともありませんし、母からの手紙も見ておりません。

解説

和泉式部は才能にあふれた歌人として知られていました。当時、和泉式部は旦那の転勤で丹後に引っ越しており、京都には娘の小式部内侍だけが残されていました。

ある日、小式部内侍は、歌詠みの大会(歌合はせ)によばれるました。歌合はせで負けることは不名誉とされており、有名な歌人を母にもつ小式部内侍には、周囲からの期待もあったことでしょう。そのような状況下で、定頼の中納言に「歌の名人であるお母さんに、かわりに歌を詠んでもらうために遣わした者は帰ってきましたか。」とからかわれてしまいます。からかわれた小式部内侍は、すばらしい歌でこれに答えます。その時に詠まれた歌がこの「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」です。あまりの素晴らしさに定頼の中納言は、返す言葉もなく逃げてしまったということです。

※このやりとりの詳細が、十訓抄古今著聞集に収録されています。

地名の位置関係

小式部内侍が住んでいるのが平安京。その北にあるのが丹波ですが、この歌で詠まれている大江山は、この丹波との境にある山です。生野は丹波にあります。丹波のさらに北の丹後に和泉式部は住んでいて、天橋立はその丹後の名所です。

掛詞

「掛詞」とは、ひとつの言葉に2つ以上の意味を重ねて、表現内容を豊かにする技法です。この歌では「いくの」と「ふみ」の2つが掛詞となっています。
いくの地名「生野」に「行く野」がかかっている
ふみ踏みいれるという意味の「踏み」に手紙「文」がかかっている


品詞分解

大江山
いくの
格助詞
格助詞
遠けれ形容詞・ク活用・已然形
接続助詞
まだ副詞
ふみ
係助詞
マ行上一段活用・未然形
打消の助動詞・終止形
天の橋立


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。