manapedia
古文単語「つかはす/遣はす」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
242 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

つかはす/遣はす

ALT

「つかはす」には
使はす
②遣はす
などの用法があるが、ここでは「②遣はす」を扱う。
サ行四段活用

未然形つかはさ
連用形つかはし
終止形つかはす
連体形つかはす
已然形つかはせ
命令形つかはせ


意味1:他動詞

(「遣る」の尊敬語で)
(人を)おやりになる、派遣なさる

[出典]大江山の歌 十訓抄
「丹後へ遣はしける人は参りたりや。」

[訳]:丹後におやりになった人は(帰って)参りましたか。


意味2:他動詞

行くように命じる、行かせる

[出典]成方の笛 十訓抄
「『身の暇を給はりて、この笛を持ちて参るべし。』と言ひければ、人をつけてつかはす。」

[訳]:「身のお暇を頂き、この笛を持ってまいりましょう。」と言ったので、(俊綱は成方に)人をつけて行かせます


意味3:他動詞

(「贈る」「与ふ」の尊敬語で)
お与えになる、おやりになる

[出典]:大和物語
「里にまかり出でたまひて、久しう参りたまはざりけるにつかはしける。」

[訳]:里に退出なさって、長い間参上なさならかったときに(先帝が)お贈りになった(歌)。


意味4:他動詞

与える、贈る

[出典]:古今和歌集
「東の方へまかりける人に詠みて遣わしける」

[訳]:東の方に赴いていった人に詠んで贈った(歌)


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。