manapedia
正の数・負の数
著作名: こうき
1,922 views
符号の付け方


今回は正負の数の符号の付け方、自然数について説明します。

算数と違うところはなんといってもマイナスがあることです。

例も加えて解説したいと思います。



正の数


正の数とは、0を基準とし、それよりも大きな数です。

書き方は、+5です。

読み方は、プラス5です。

例)お釣りが百円多い→+100円


負の数


負の数とは、正の数とは反対に0を基準とし、それよりも小さな数です。

書き方は、-5です。

読み方は、マイナス5です。

例)お釣りが百円少ない→-100円


自然数


自然数とは、正の整数の事です。

+1以上の整数を指します。

自然数→+1、+2、+3

一方、負の整数には名称はありません。

0は正の整数、負の整数のどちらにも属しません。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。



最近見たテキスト
3_197 正の数・負の数
10分前以内
>



中学数学