manapedia
古文単語「へだつ/隔つ」の意味・解説【タ行四段活用】
著作名: 走るメロス
35 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

へだつ/隔つ

ALT

「へだつ」には
①タ行四段活用
②タ行下二段活用
の用法がある。

①タ行四段活用

未然形へだた
連用形へだち
終止形へだつ
連体形へだつ
已然形へだて
命令形へだて


意味:自動詞

隔たる、遠く離れる

[出典]:万葉集
「はろはろに思ほゆるかも白雲の千重にへだてる筑紫の国は」

[訳]:遙かに遠くに思われることです。白雲が幾重にも重なって隔たっている筑紫の国は


②タ行下二段活用

未然形へだて
連用形へだて
終止形へだつ
連体形へだつる
已然形へだつれ
命令形へだてよ


意味1:他動詞

間に置く、仕切る、間を離す

[出典]竹取物語
「竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔てて、よごとに金ある竹を見つくること重なりぬ。」

[訳]:竹取の翁は、竹を取ると、この子を見つけてのちに竹を取ると、(竹の)節を間において、節と節との間ごとに、黄金が入った竹を見つけることが度重なりました。


意味2:他動詞

間をおく、時間をおく、時を隔てる

[出典]須磨 源氏物語
「一日、二日たまさかに隔つる折だに、あやしういぶせき心地するものを。」

[訳]:一日、二日時たまに間をおいているときでさえ、気がかりで気が晴れない心地がするのですから。


意味3:他動詞

打ち解けない、疎んじて遠ざける

[出典]:澪標 源氏物語
「かねてより隔てぬ仲とならはねど、別れは惜しきものにぞありける。」

[訳]:以前から疎んじて遠ざけはしない仲として慣れ親しんではいないですが、別れは名残惜しいものでした。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。