manapedia
古文単語「うちいる/打ち入る」の意味・解説【ラ行四段活用/ラ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
19 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

うちいる/打ち入る

ALT

※「うちいる」には、
①ラ行四段活用
②ラ行下二段活用
の用法がある。

①ラ行四段活用

未然形うちいら
連用形うちいり
終止形うちいる
連体形うちいる
已然形うちいれ
命令形うちいれ


意味:自動詞

(敵陣などに)
攻め入る、勢い良く入る

[出典]:泊瀬六代 平家物語
「物具したる者ども打ち入るを見て、後ろより落ちにけり。」

[訳]:武装した者たちが攻め入るのを見て、後方から逃げました。


②ラ行下二段活用

未然形うちいれ
連用形うちいれ
終止形うちいる
連体形うちいるる
已然形うちいるれ
命令形うちいれよ


意味1:他動詞

入れる、納める

[出典]竹取物語
「...とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。」

[訳]:...と言って、手のひらにいれて、家へ持ってきました。


意味2:他動詞

(賭博などに金品を)
つぎ込む

[出典]:ばくちの負けきはまりて 徒然草
「ばくちの負けきはまりて、残りなく打ち入れんとせんにあひては、打つべからず。」

[訳]:ばくちで負け込んで、残りもなく(手持ちのすべてを)つぎこもうとする人に出会ったら、打ってはならない。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。