manapedia
古文単語「つかふ/使ふ/遣ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
24 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

つかふ/使ふ/遣ふ

ALT

「つかふ」には
①使ふ/遣ふ
②仕ふ
などの用法があるが、ここでは「①使ふ/遣ふ」を扱う。
ハ行四段活用

未然形つかは
連用形つかひ
終止形つかふ
連体形つかふ
已然形つかへ
命令形つかへ


意味1:他動詞

用立てる、使用する

[出典]竹取物語
「野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。」

[訳]:野や山に分け入って竹を取っては、いろいろなことに用立てたのでした。


意味2:他動詞

人を使役する、身辺の世話をさせる

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
使はるる人々も、年ごろならひて、たち別れなむことを...」

[訳]:(かぐや姫の)身辺のお世話をさせている人々も、長年親しんでいながらも、別れてしまうことを...


意味3:他動詞

(言葉や知恵などを)
操る

[出典]ふと心劣りとかするものは 枕草子
「ふと心劣りとかするものは、男も女も、言葉の文字いやしう使ひたるこそ、よろづのことよりまさりてわろけれ。」

[訳]:不意に幻滅することですが、男性も女性も、言葉遣いを下品に操っているのは、何事にもましてよくないことです。


意味4:他動詞

(心や頭を)
働かせる

[出典]:帚木 源氏物語
「かくけしからぬ心ばへは使ふものか。」

[訳]:このような不届きな心を働かせていいものだろうか。


意味5:他動詞

手段を取る

[出典]:双六の上手 徒然草
「その手を使はずして...」

[訳]:その手をとらずに...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。