manapedia
古文単語「よろづ/万」の意味・解説【名詞/副詞】
著作名: 走るメロス
52 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

よろづ/万

ALT

※「よろづ」には、
①名詞
②副詞
の用法がある。
①名詞

意味1

数の多いこと、種類の多いこと、いろいろ、様々

[出典]竹取物語
「野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。」

[訳]:野や山に分け入って竹を取っては、いろいろなことに用立てたのでした。


意味2

すべてのこと、あらゆること、万事

[出典]:徒然草
「人はよろづをさしおきて、ひたふるに徳をつくべきなり。」

[訳]:人はあらゆることをさしおいて、ひたすらに富を身につけるべきだ。


②副詞

意味

万事につけて

[出典]悲田院の堯蓮上人は 徒然草
「なべて、心やはらかに、情けあるゆゑに、人の言ふほどのこと、けやけくいなび難くて、よろづ、え言ひ放たず、心弱くこと受けしつ。」

[訳]:(都の人は)一般に心が穏やかで、思いやりがあるために、人が言ってくるぐらいのこと(頼んでくること)は、きっぱりと断わりにくくて、万事につけて、遠慮なく言うことができないので、気弱く引き受けてしまうのです。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。