manapedia
古文単語「なんでふ/何でふ」の意味・解説【連体詞/副詞/感動詞】
著作名: 走るメロス
40 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

なんでふ/何でふ

ALT

※「なんでふ」は
①連体詞
②副詞
③感動詞
としての用法がある。

①連体詞

意味

(疑問や反語の表現を作って)
何という、どれほどの、どういう

[出典]:厳島御幸 平家物語
なんでふ事か候ふべき。」

[訳]どれほどのことがありましょうか。


②副詞

意味

どうして〜か(いや〜ない)

※この用法は「なんでふ+反語表現」の形で用いられる。
[出典]絵仏師良秀 宇治拾遺物語
なんでふもののつくべきぞ。」

[訳]どうして霊がとりつくことがあろういや、ない)。


③感動詞

意味

(相手の言葉を否定して)
とんでもない、なんということを

[出典]:祇王 平家物語
なんでふ、さやうの遊び者は、人の召しに従うてこそ参れ。」

[訳]とんでもない、そのような遊女は、人のお呼びに従って参るものだ。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。