manapedia
古文単語「のる/乗る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
22 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

のる/乗る

ALT

※下記4の用法のときは、「載る」とも記載される。
ラ行四段活用

未然形のら
連用形のり
終止形のる
連体形のる
已然形のれ
命令形のれ


意味1:自動詞

(乗り物や馬などに)
乗る、上がる、道に出る

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「この衣着つる人は、もの思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具して昇りぬ。 」

[訳]:この衣を着た人は、思い悩むことがなくなってしまったので、車に乗って、百人ほどの天人を連れて、(天に)昇ってしまいました。


意味2:自動詞

取り憑く、乗り移る、心から離れない

※心から離れないと訳すときは、「心にのる」の形で用いられる
[出典]:万葉集
「ももしきの大宮人は多かれど心にのりて思ほゆる妹」

[訳]:宮中に仕える人は多いけれど、心から離れないように思われるあなたですよ


意味3:自動詞

調子づく、勢いづく

[出典]:後選和歌集
「酒あまたたびの後、酔ひにのりて子どものうへなど申しけるついでに...」

[訳]:酒を何度も(飲んで)の後、酔に勢いづいて子どものことなどを申し上げたついでに...


意味4:自動詞

載る、記載される

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。