manapedia
古文単語「こころづよし/心強し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
44 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

こころづよし/心強し

ALT

形容詞・ク活用

未然形こころづよくこころづよから
連用形こころづよくこころづよかり
終止形こころづよし
連体形こころづよきこころづよかる
已然形こころづよけれ
命令形こころづよかれ


意味1

気丈だ、意思が固い、我慢強い

[出典]:賢木 源氏物語
「女もえ心強からず、なごりあはれにて眺め給ふ。」

[訳]:「女(六条御息所)も気丈でいることができず、別れのあとはしみじみと物思いにふけりながらぼんやりと見やっていらっしゃいます。」


意味2

強情である、薄情である、つれない

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「かくわづらはしき身にてはべれば、心得ずおぼしめされつらめども、心強く承らずなりにしこと、なめげなるものに思しめしとどめられぬるなむ、心にとまり侍りぬる。」

[訳]:このように複雑な身の上でございますので、(帝は)納得できないとお思いになっておられるでしょうが、強情に(宮仕えを)お引き受け申し上げなかったことを、無礼な者と思いとどめられてしまいますことが、心残りでございます。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。