manapedia
古文単語「こころう/心得」の意味・解説【ア行下二段活用】
著作名: 走るメロス
56 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

こころう/心得

ALT

ア行下二段活用

未然形こころえ
連用形こころえ
終止形こころう
連体形こころうる
已然形こころうれ
命令形こころえよ


意味1:自動詞

(事情や状況を)
理解する、納得する

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「かくわづらはしき身にてはべれば、心得ずおぼしめされつらめども...」

[訳]:このように複雑な身の上でございますので、(帝は)納得できないとお思いになっておられるでしょうが...


意味2:自動詞

(武芸などの)
たしなみがある、精通する、心得がある

[出典]:何事も入りたたぬさましたるぞ 徒然草
「片田舎より差し出でたる人こそ、よろづの道に心得たる由の差し答へはすれ。」

[訳]:片田舎から出てきた人は、すべての方面に精通しているような受け答えをするものだ。


意味3:自動詞

引き受ける、承知する

※この用法は、中世後期以降の作品でみられる。
[出典]:狂言 末広がり
『早う戻れ。』
心得ました。』」

[訳]:「『早う戻れ。』
承知しました。』」


意味4:自動詞

気をつける、用意する

[出典]:御前の火炉に火を置く時は 徒然草
「転び落ちぬやうに心得て、炭を積むべきなり。」

[訳]:転がり落ちないように気をつけて、炭を積まなければならない。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。