manapedia
古文単語「よる/寄る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
53 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

よる/寄る

ALT

「よる」には
①寄る
②由る/因る/依る
③縒る/撚る
があるが、ここでは「①寄る」を扱う。
ラ行四段活用

未然形よら
連用形より
終止形よる
連体形よる
已然形よれ
命令形よれ


意味1:自動詞

近づく、近寄る

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「竹取、心惑ひて泣き伏せるところに寄りて、かぐや姫言ふ...」

[訳]:竹取(の翁)が心を乱して泣き伏せっているところに近寄って、かぐや姫が言うことには...


意味2:自動詞

集まる、寄り合う

[出典]:万葉集
「卯の花を腐す長雨の水はなによる木つみなすよらむ児もがも」

[訳]:卯の花を腐らせる長雨の流れる水の先頭に寄り集まる木屑のように、(私のところに)寄り集まってくる子供があればなあ


意味3:自動詞

立ち寄る、訪れる

[出典]蓬莱の玉の枝 竹取物語
「旅の御姿ながら、わが御家へも寄りたまはずしておはしたり。」

[訳]:(皇子は)旅のお姿のまま、ご自分の家にもお立ち寄りにならないで(こちらに)いらっしゃいました。


意味4:自動詞

好意を寄せる、ひきつけられる、心が傾く

[出典]梓弓 伊勢物語
「梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにしものを」

[訳]:(私の心を)引こうが引くまいが、昔から私の心はあなたに傾いておりましたのに


意味5:自動詞

寄りかかる、もたれかかる

[出典]:帚木 源氏物語
「『あなかま』とて、脇息に寄りおはす...」

[訳]:「静かに」といって、脇息によりかかっていらっしゃる...


意味6:自動詞

頼りにする、頼る

[出典]:古今和歌集
「伊勢の海人も舟流したる心地して寄らむ方なく悲しきに...」

[訳]:伊勢の漁師も舟を流してしまった気持ちがして、頼りにするところもなく悲しくて...


意味7:自動詞

寄付される、寄進される

[出典]:宇治拾遺物語
「かかる所に、庄など寄りぬれば...」

[訳]:このような所に、荘園など寄進されてしまうと...


意味8:自動詞

多くなる、積もり重なる

[出典]:源氏揃 平家物語
「入道も年こそ寄ってさうらふとも...」

[訳]:入道も年齢こそ積み重なっておりますが...


意味9:自動詞

(物怪や霊などが)
取り憑く、乗り移る

[出典]:今昔物語
「その女、寄りたるにやとぞ...」

[訳]:その女が、取り憑いたのではないかと...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。