manapedia
古文単語「きたなし/汚し/穢し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
75 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

きたなし/汚し/穢し

ALT

形容詞・ク活用

未然形きたなくきたなから
連用形きたなくきたなかり
終止形きたなし
連体形きたなききたなかる
已然形きたなけれ
命令形きたなかれ


意味1

汚い、けがれている、よごれている

[出典]かぐや姫の昇天 竹取物語
「いざ、かぐや姫。きたなき所にいかでか久しくおはせむ。」

[訳]:さあ、かぐや姫。(このような)けがれたところになぜ長い間いらっしゃるのですか(、いらっしゃれるはずがありません)。


意味2

卑怯である、恥知らずである

[出典]衣のたて 古今著聞集
きたなくも、後ろをば見するものかな。」

[訳]卑怯にも、(敵に)背中を見せるものよ。


意味3

正しくない、よこしまである

[出典]:日本書紀
「汝なほ汚き心あり。汝と相見じ。」

[訳]:お前はやはりよこしまな心がある。お前とは二度と会うまい。


意味4

卑しい、下品だ、見苦しい

[出典]:虫めづる姫君 堤中納言物語
「歯黒め、『さらにうるさし、きたなし』とて、つけ給はず。」

[訳]:お歯黒は「(眉を抜く)よりいっそう煩わしい、見苦しい」と言って、お付けになりません。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。